乾燥知らず!うるツヤ美肌を作る秘訣

美人は1日にしてならず。
何事も継続は力なり。それは美容においても同じですよね。

美しさは習慣で作られる!とある有名人が言っていました。
まさにその通りだと思いませんか?

そこで今日はキレイな人が実践している美習慣と美レシピをまとめてみました。



美習慣①

朝起きたら白湯を飲む

人間は寝ている間に約コップ2杯分の水分を失っているといわれています。
つまり朝起きた瞬間は身体は乾いている状態なんです。
もちろんそれはお肌にも影響しますよね?

起きたらます、水分を補給しましょう。
このとき、冷たい水ではなく白湯がオススメです。
白湯を飲むことにより内臓が温まり、眠っていた身体を目覚めさせてくれます。

美レシピ:白湯の作り方




美習慣②

ジャンクフードは食べない

キレイな人たちの食生活での共通点は
「野菜・フルーツをたっぷりとる」「ジャンクフードはほとんど食べない」という事です。
我慢しているのではなくナチュラルにヘルシー嗜好なんです。
身体にいいものを食べ、身体のさびを洗い流してくれるものを食べている充実感や安心感。
食事をちゃんと楽しむことは、身体にも心にもよい影響をもたらすのです。
キレイは内側から作っていくものなんですね。

美レシピ:スムージー ・じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・にんじんなど、でんぷん質を多く含むものは避けましょう。
・牛乳や豆乳などで割らずに、水で作るのが良いでしょう。どうしても苦味や青臭さが気になる場合は、果物6:野菜4の比率でスムージーを作ると飲みやすくなります。
・野菜や果物は皮ごとミキサーに入れましょう。皮の部分には栄養が豊富に含まれていますので捨ててしまわないようにしましょう。




美習慣③

毎日お湯につかる

ゆっくりお風呂につかれば、発汗や代謝アップの効果があるだけでなく心身のリラックスにもつながります。
また、入浴は寝る2時間前くらいにすませましょう。熱すぎるお風呂ではなく、ぬるま湯にゆっくりつかるのが理想です。
足湯だけでも寝つきが良くなると言われているので、忙しい人は試してみてはいかかでしょうか?

体温が高いまま眠ると、睡眠の質に影響がでると言われています。
お風呂をすぐでて寝るのはNGです。体温を少し下げてから寝るようにしましょう。
かといって、入浴から時間をあけすぎると身体が冷えてしまいますので目安としては就寝の2時間前が適切です。



いかかでしたか?
今日からはじめらせるものばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。